南山中国マスターズは、中国で行われるワンアジアツアーの終盤戦

南山中国マスターズはワンアジアツアーの一つです。中国の南山インターナショナルGCで開催されますが、ワンアジアツアーでは、その前の大会とかなり期間が空いてしまうので、後半戦がやっと始まるという思いで、心待ちにしているファンもいます。
と言っても、ワンアジアツアー自体はそれほど広まっていないので、一番心待ちにしているのは、地元開催で経済効果も期待できる中国人でしょう。

2012年大会は地元・中国出身のリャン・ウェンチョンと韓国のY.E.ヤンが、接戦を演じてプレーオフにまでもつれ込みました。
そしてリャン・ウェンチョンが、見事に母国にタイトルをもたらす結果となりました。

2013年も連覇を狙ってリャン・ウェンチョンは出場します。

しかし、今までと違って、2013年大会にはマスターズチャンプのチャール・シュワルツェルと、「全英オープン」を制したダレン・クラークの2人のビッグネームが出場をすることになり、連覇は難しくなってしまいました。

結果、チャール・シュワルツェルが、5バーディ、1ボギーの68で単独首位になり、勝利を中国から奪う結果になりました。

2012年の覇者リャン・ウェンチョンも最終日スタート時は首位についていたのですが、プレッシャーからか伸び悩みを見せて、抜け出したチャール・シュワルツェルを追うことができず、1打差で破れています。

また、メジャー対決とされたもう一人、ダレン・クラークも1打差で2位タイに甘んじる結果となりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ