CIMBインドネシアマスターズはアジアンツアーの中でも強豪が揃う

CIMBインドネシアマスターズは、CIMBニアガ インドネシアマスターズとも呼ばれています。
インドネシアのロイヤルジャカルタGCで5月の上旬に4日間で争われます。
またアジアンツアーの一戦にしては有名な選手も出場することでも話題となっています。
アジアンツアーの中では比較的注目度の高い大会となっています。

特に欧米で活躍をする選手の出場が多く、アジアだけではなく、世界からも注目をされることになります。
アジアンツアーは比較的現地の選手が多く、現地を盛り上げるという意味合いが強いのですが、この大会には強豪が揃うことでも知られています。

南アフリカのアーニー・エルスや北アイルランドのダレン・クラークなどの全英オープンの王者も、2013年には出場をしていました。
また95年の全米オープン覇者も出場することになっていたので、かなりの注目の高さを集めました。

そして2013年の覇者は、ヨーロッパツアーを主戦場としているオーストリアのベルント・ウィスバーガーでした。
彼は、最終日に1イーグル、4バーディ、1ボギーの猛チャージを見せて2位タイスタートから見事トップをとります。

日本人選手としては、最終日に首位スタートを切った片岡大育が優勝の期待を集めていましたが、最終日に思ったように伸ばすことができずに、通算13アンダーで単独3位で終わってしまいました。

他の日本人選手としては、市原弘大が、19位タイでフィニッシュしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ