勝負の行方が分からないポルトガルマスターズ

ポルトガルマスターズは欧州ツアーに参加しているトーナメントの一つとなりますが、始まったのは2007年と欧州ツアーの中でも新しい大会です。
開催地はポルトガルのオセアニコヴィクトリアゴルフコースで固定のようで、開催時期は10月頃となっています。
賞金総額は200万ユーロと、欧州ツアーの中では平均的な数字で、最終戦が近いので、賞金王争いで参加してくる選手もいるでしょうが、全体的に見れば小粒なメンバーが揃っている大会となる可能性が高いです。

この辺りは、今後ポルトガルマスターズ優勝者で活躍する選手が現れれば改善の見込みは十分にあると言えます。
未来のスター選手がこのトーナメントから現れる可能性も高く、見逃せない一戦です。

当時アマチュアながら、欧州ツアーのアイルランドオープンで優勝した経歴を持つアイルランドのシェーン・ローリーは2013年のポルトガルマスターズで勝利しており、今後に期待が持てる選手です。

舞台となるオセアニコヴィクトリアゴルフコースの18ホールは、アメリカ出身の名選手でもあったアーノルド・パーマーが設計を担当しています。
コースの最大の特徴は、水の多さで、池やウォーターハザードといった形で、挑戦者を苦しめます。

それらを回避するテクニックも重要ですが、パーが4か5のコースが多く、パワーも要求されるハイレベルなコースと言えるでしょう。
障害物として挑むものに立ち塞がる水ですが、一方で素晴らしい景観を生み出しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ