欧州ツアーの中でも歴史のあるイタリアオープン

イタリアオープンは、1925年に第一回大会が開かれた伝統のある大会となります。
現在は欧州ツアーの終盤の一戦として知られており、9月から10月にかけて行われるのが恒例です。
開催ゴルフ場については一定しておらず、イタリア国内にはゴルフ場が多くある為、今後の開催地は候補が多く考えられます。
この大会の特徴としては、その歴史の中で地元・イタリア勢の活躍が挙げられます。

元々、イタリアはゴルフに関してスタープレーヤーがいたという国ではありません。
そんな国を変えた選手として、1976年にマスターズ、そしてイタリアオープンを制したバルドヴィーノ・ダッスが挙げられるでしょう。

この選手の登場以降、イタリアという国はゴルフで台頭するようになってきました。

ゴルフ場の数や、選手の数なども現在進行形で右肩上がりとなっており、特にジュニアプレーヤーやコーチが増え、今後も多くのスタープレーヤーが輩出されることが期待されています。

選手だけでなく、トーナメントの規模も大きくなっており、スタープレーヤーが参戦することも多くなっていますが、それでも地元であるイタリア勢の強さは驚異的です。

このトーナメントの見所としては、地元勢とその他の対決にあると言ってもいいでしょう。
またトーナメント勝者にはスターダムに駆け上がっていった選手も多く、今後にも目が離せません。

賞金総額は150万ユーロと、欧州ツアーの中で際立って高いわけではありませんが、賞金王争いの上では重要となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ