KLMオープンではオランダで行われる激戦が繰り広げられる

1912年に、オランダオープンという名前で始まったゴルフトーナメントがあります。
この大会は時代が移り変わると共に、名称も変わっていきましたが、現在まで残り続けており、2003年にKLMがスポンサーとなったことをきっかけに、KLMオープンという名前に落ち着きました。
欧州ツアーの一つで、開催時期は8月から9月にかけて、開催地は近年だと「ヒルファーサムGC」と「ケネマーG&CC」の二つで開催されていることがほとんどです。

ヨーロッパのトッププロが集まるということもあり、欧州ツアーの中でも特に観客が多いことで知られています。
開催されるゴルフ場の一つ、ケネマーG&CCの歴史は古く、オランダで最も古くからあるゴルフ場です。

全27ホールであることが大きな特徴となり、27ホールあるゴルフ場自体は、それほど珍しいというわけではありませんが、ケネマーG&CCではこの27ホールを三つに区切って、明確に差別化を図っています。

順番にAホール、Bホール、Cホールと9ホール毎に違ったコンセプトで作られているので、プレイヤーに求められるのは、様々な困難に対処が可能となる総合的な実力です。

全体的に短いホールが少なめであることも特徴の一つであり、テクニックだけでなく飛距離も必要になっています。

どこかに欠点があると、途中までは良かったのに失速するということも珍しくありません。

海岸線が近いところにあり、いわゆるリンクスコースに近いホールであるという点も見逃せない点でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ