世界ランキングに大きく影響するBMW PGA選手権

BMW PGA選手権はイングランドのサリー州にある、ウェントワース・クラブで毎年5月に行われる欧州ツアーの一つです。
歴史は古く、名前が全英プロゴルフ選手権だった頃まで遡ると、1955年に創設されたトーナメントとなります。
前身である全英プロゴルフ選手権は、イギリスで最も強いプロゴルファーは誰かを決める大会として催されていました。

その名残か、現在でも他の欧州ツアーとは異なる特徴があります。
それは優勝した時、ワールドゴルフランキングで64ポイントが加算されるという点です。

ワールドゴルフランキング、つまり世界ランキングの順位に大きく影響すると言ってもいいでしょう。
64ポイントという数字が多いか少ないか、これはメジャー大会に比べれば少ないです。

メジャー大会は優勝した時に100ポイントが加算されますが、メジャー大会は一年に4試合しかありません。
次いでポイントが高いのがアメリカで行われているPGAツアー、そして欧州ツアーと順に少なくなっていきます。

欧州ツアーの中では、64ポイントは高い数字となっており、欧州ツアーの中でも特別な位置づけをされている大会となります。
ポイントだけでなく、賞金総額も450万ユーロと、かなり高めの数字に設定されており、この辺りからも特別な試合であることが窺えます。

開催地となるウェントワース・クラブも歴史があるゴルフ場であり、ゴルフコース設計の第一人者として知られているハリー・コルトが二つの18ホールの設計を担当しているのも見逃せません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ