歴史、伝統のあるトーナメント、スペインオープン

スペインオープンは、4月から5月にかけて行われる欧州ツアーの一戦です。
賞金総額はおよそ200万ユーロとなり、ゴルフ場については、一定しておらずスペイン国内のどこか、としか分かりません。
スペインオープンの最大の特徴としては、世界でも屈指の歴史と伝統があるという点でしょう。

第一回大会が行われたのは、何と1912年までさかのぼり、世界的に見ても、最も古い時期から始まっているトーナメントと言えるでしょう。

欧州ツアーに加わったのが、1972年となり、これまた早い時期から欧州ツアーを支えてきた大会となります。
長い大会となりますので、過去の優勝者も豪華なメンバーが揃っています。

欧州ツアーやアメリカPGAツアーでも多く勝利し、世界ランキング最高3位、そして日本では2006年のダンロップ・フェニックス選手権を制したパドレイグ・ハリントン、同じくヨーロッパ、アメリカで活躍し、世界ランキング最高位2位にもなった地元スペイン出身のセルヒオ・ガルシア、南アフリカ共和国出身で世界ランキング最高位6位、主に欧州ツアーで勝ち星を上げており、2011年にはマスターズでメジャー初勝利を飾ったシャール・シュワーツェルなどがスペインオープンの近年のチャンピオンとして挙げられます。

メジャー大会の勝者を輩出するなど、ヨーロッパで行われるトーナメントとしては勝負の行方が最も注目を浴びている大会の一つと言えるでしょう。

この大会の勝者のその後は要注目です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ