チャンピオンズツアー内では古参と言えるSAS選手権

SAS選手権、別名SASチャンピオンシップは2001年から始まったアメリカのシニアツアーとなります。
チャンピオンズツアーの一つで、開催時期は9月から10月にかけてとなっており、シニアツアーも残り少ない状態で各選手が激突します。
その為、賞金総額の210万ドルがどのように分けられるのか、そこにも注目が集まるでしょう。

またSAS選手権は2001年スタートと、チャンピオンズツアーの中では古株の部類に入るトーナメントでもあります。
全米シニアオープンを除けば、アメリカのシニアツアーの中では知名度、注目度共に高いと言えるでしょう。

そんなSAS選手権が開催されるのは、ノースカロライナ州にあるプレストンウッド・カントリー・クラブです。

プレストンウッド・カントリー・クラブは交通の便が良いゴルフ場として知られており、近くにアメリカの中でも特に飛行機の行き交いが多いローリー・ダーラム国際空港がある他、車での移動にも適した場所にあります。

そして肝心のコースですが、何と三つもあるのが大きな特徴と言えるでしょう。
メドウズコースは、各種大会が行われている競技性の高いコースとなっています。

高地にあるハイランドコースも同じく、イベントでよく使われており、池などの障害物が特に難敵となるでしょう。
もちろん競技性の高いものだけではなく、三番目としてフェアウェイ中心のコースも用意されています。

こちらは遠くに飛ばすというシンプルながら多くの人が楽しめるコースとなっており、3コース全てが高い評価を得ている、稀有なゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ