シニア賞金王争いに大きく影響するカルガリーゴルフクラシック

カナダのアルバータ州、カルガリーにある「キャニオンメドウズゴルフアンドカントリークラブ at カナダ」の歴史は古く、1953年からゴルフ場としての活動を開始しています。
それからおよそ半世紀の時間が経過した、2000年から2005年にかけてはコースに留まらずクラブハウスなどに大幅な改装が行われ、2007年からは完全に新しく生まれ変わり、歴史があるだけでなく近代化され便利になり、多くの人に愛されるクラブとなっています。

18ホールは、どれも利用者に課題を与えるような、仕掛けに富んでいるコースです。
そんな「キャニオンメドウズゴルフアンドカントリークラブ at カナダ」で行われているシニアツアーがカルガリーゴルフクラシックとなります。

ショーチャリティークラシックという名前でも呼ばれており、衛星放送での放送予定ではショーチャリティークラシックと表記されていますが、スポーツ新聞のウェブサイト等の結果速報ではカルガリーゴルフクラシックとなっており、どちらも正しいと言えます。

この辺りがバラバラなのは、最近創設された新しいツアーだからでしょう。
賞金総額は200万ドル、優勝賞金は30万ドルと創設間もないツアーとしてはかなり高い数字となります。

日程は、今後もずれないなら8月の下旬から9月の上旬頃に開催されるかと思われます。

9月ともなると、賞金争いに影響する試合はかなり少なくなってきますので、今後も継続して大会が行われるとするならば、賞金争いの行方を大きく左右する大事な一戦になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ