イギリスでのシニアツアー筆頭、全英シニアオープン

全英シニアオープンはイギリスで行われているシニアのメジャートーナメント大会となり、欧州シニアツアーの一つとなります。
開催時期は毎年7月下旬となり、出場資格として初日の時点で年齢が50歳に達していることが挙げられます。
予選の免除として、同大会の歴代優勝者、シニアメジャー大会の優勝者、前年の欧州シニアツアー賞金ランク上位30位までなどがあり、多くの有名選手が出場する、イギリスでのシニアツアーとしては最大級のものと言ってもいいでしょう。

賞金総額は200万ポンドとなっています。
歴史としては、第一回大会が行われたのが1987年となります。

2003年より、PGAツアーが運営するチャンピオンズツアーに昇格しました。
2002年には須貝昇プロが日本人としてはただ一人、全英シニアオープンで勝利しています。

チャンピオンズツアーに昇格する前は、コースは4年から5年ほど同じところで行われていたのですが、昇格後は完全な持ち回り制となっており、毎年違うコースで行われているので、傾向などは掴みにくくなっている大会です。

そんな中、アメリカのトム・ワトソンプロは持ち回り制になってから3度も優勝している他、最小打数、通算スコアでも最高記録を持っています。

元々特定の国が強いという傾向はありましたが、チャンピオンズツアー昇格後はアメリカの選手が優勢となっており、2003年から2009年までの間ずっとアメリカ選手が優勝しました。

見る側としては、選手の出身国にも注目してみるとより楽しめるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ