ハイレベルな三菱電機選手権はアメリカチャンピオンズツアー開幕戦

2013年、アメリカチャンピオンズツアーの開幕戦に当たる、三菱電機選手権は、三菱電機と名前がついてはいますが国内開催ではなく、ハワイ州ハワイ島で行われました。
舞台となるのは、フアフライGC.で、大会期間は3日間です。
アメリカチャンピオンズツアーとは、ゴルフの歴史を作ってきたチャンピオンが集う米国シニアツアーの別名でもあります。

ベルンハルト・ランガー、コーリー・ペイビン、マーク・オメーラ、トム・レーマン、などゴルフが好きなら誰でも知っているビッグネームが参戦するツアーで、老練なテクニックと、知的なプレーを楽しむことができます。

そのツアーの開幕戦となった2013年は出場資格がかなり厳しくなっており、過去2年間でツアー優勝をした選手と、過去5年間にアメリカチャンピオンズのメジャーで勝利したものだけです。

この厳しい資格を満たした40名のみで争われることとなりました。
2013年大会の優勝候補と目されたのはトム・レーマン、ベルンハルト・ランガー、フレッド・カプルスら、歴代メジャーのタイトルホルダーです。

そして、開幕戦からハイレベルな戦いが期待されたこの大会ですが、混戦の最終日を抜け出したのはジョン・クックでした。
4つのバーディーを奪って首位タイに躍り出て、勝負はデヴィッド・フロストとのプレーオフに。

そしてプレーオフ2ホール目に、クックはバーディーを奪って王者に輝きます。
クックは2011年にも三菱電機選手権を制していて、これで今大会2勝目になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ