豪華な顔ぶれで2013年に開幕したノーステキサスLPGAシュートアウト

今シーズンから新たに加わったノーステキサスLPGAシュートアウトは、テキサスを舞台にしています。
2013年は、テキサス州のラスコリナスCCで熱戦が繰り広げられましたが、LPGAがテキサスで開催されるのは実に4年ぶりのことで、地元選手もファンも待ち遠しかった大会になっています。
この大会は、全72ホール、144名で争われます。

アンジェラ・スタンフォードなど、テキサス出身の代表的な選手は「故郷でツアーが開催されるのはこの上ない喜び」と語っています。
またLPGAにはブリタニー・ラングやケイティー・ファッチャーなどのテキサス出身の選手も数多くいることから、地元勢の活躍が期待されていました。

初回大会となる今回は、インビー・パーク、ステイシー・ルイスや、前週に優勝したスーザン・ペターセン、ヤニ・ツェン、ポーラ・クリーマーなどの豪華な顔ぶれでも注目を集め、日本勢では、宮里藍、宮里美香、上田桃子が参戦しニュースなどでも取り上げられました。

初代女王に輝いたのは、テキサス出身の選手ではなく、韓国のインビー・パークでしたが、2位タイからスタートしたインビー・パークは、4バーディーノーボギーの好成績を最終日に出して、みごと逆転優勝を果たしました。

これにより彼女は、LPGAで今シーズン3勝目をあげて、賞金女王に向けて好発進を果たしています。
彼女が賞金女王に輝けば、2年連続ということになります。

一方、日本人勢は予選でスコアを伸ばすことができず、最終日に残ったのは上田桃子のみという結果で、彼女は1アンダーの37位タイという結果に終わっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ