ジョンディアクラシックのツアー概要と会場について

ジョンディアクラシックはPGAツアーの一つをなすプロゴルフトーナメントです。
毎年7月に開催される大会です。
大会の歴史を見ていくと、1971年にオープンクワッドとして始まったPGAツアーにおけるいわゆる「サテライトイベント」でした。
1972年にて公式のツアーイベントへと昇格します。

1971年イベントの開始から、まずはアイオワ州のダヴェンポートクロウバレーカントリークラブにて開催されました。

その後、1975年から1999年までの間は、こちらはイリノイ州のオークウッドカントリークラブに移動し、そして、 2000年からはディアランTPCとなり、現在に至ります。

会場であるディアランでTPC、はロック川沿いに位置しており、18ホールのゴルフコースとなっていて、PGAツアーによって運営されています。

ディアランTPCはスタジアムのコースとして設計されているのが特徴で、全長は7258ヤードに及び、チャンピオンシップゴルフコースは、中西部のゴルファーのための目標の地、あこがれの地となるほど、プロゴルファー注目のコースです。

西イリノイのクワッドシティーズ地域に位置し、大都市シカゴからのアクセスが容易なので、住まいを構えるゴルファーもいます。
コースの特徴を見ていくと、ショットの腕や技術を磨くのに最適なレイアウトを有しています。

コースは全体として、アメリカのハートランド特有の、古典的な美しさを体現していて、その他の特徴については、コースはかつて馬の農場であった場所に構築されており、自然の形状を活かしたものコースです。

森の渓谷に沿うようにして、なだらかな起伏のある地形を利用したコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ