2010年に始まったグリーンブライアークラシック

グリーンブライアークラシックは、バージニア州のグリーンブライアーにある、オールドホワイトTPCにて開催される、PGAツアーの一つであるゴルフトーナメントです。
当大会は新人にチャンスのある大会として知られています。
近年では若手によるプレーオフが目立ち、毎年初めての受賞者を好む大会と言えるでしょう。

1958年から開催されていたビュイックオープンに代わって、2010年から新たに行われることとなった大会であり、非常に新しいトーナメントとして知られています。

会場については、これまでライダーカップをはじめ、ソルハイムカップなども実施された名門コースとなり、会場であるオールドホワイトTPCは、1914年にオープンしたコースであり、2011年にてTPCのネットワークに参加したものです。

約1850フィートの平均標高を有し全長は7287ヤードのコースとなっています。

会場については、グリーンブライアーで最初の、18ホールのゴルフコースで、かのウィルソン大統領が、1914年のオープン時において、旧ホワイトTPCをプレイした最初のゴルファーの一人という豆知識もあります。

このエピソードからもわかるように、長い歴史をもつこのコースは、寛大なフェアウェイが最大の特徴です。
波状のグリーンをもっています。

挑戦的アプローチで攻めても良し、もしくはリスクを最小限にして確実に責めるも良し。

プレイヤーによって攻め方が変わってくるコースとなります。
歴史あるコースで行われる若いトーナメントは、今後名勝負が生まれることが予想される、注目の大会です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ