タンパ ベイ選手権の特徴と長距離の難コースについて

タンパベイ選手権は毎年3月において開催される、PGAツアーの大会です。
開催場所はフロリダ州タンパ郊外に位置する、イニスブルック・リゾート&ゴルフクラブとなっています。
当大会は、2000年にタンパベイクラシックとして初開催されたのが始まりです。

2001年の中止をはさんで、その後はクライスラー選手権、PODS選手権となり、2009年からトランジションズがスポンサーとなり、現在に至ります。

賞金総額は540万ドルとなっています。
会場となるイニスブルック・リゾート&ゴルフクラブについて見ていくと、コースは、63ホールから構成されます。
フロリダ州タンパから、北へ数マイルのところにあります。

一年を通して陽光が降り注ぐ環境の中にあり、フェアウエイはゆるやかに波打っています。
コース内に点在する池や松が戦略性を高めており、チャレンジ性の高いコースとなっています。

フロリダのコースについては、フラットで池とパームツリーというイメージがありますが、イニスブルック・リゾート&ゴルフクラブは例外的です。

当クラブはフロリダ州では数少ない丘陵地に広がっており、コースは丘陵林間コースに池を点在させたという設計となっています。
先述の通り、フェアウエイは柔らかくうねっており、松の木や低木の雑木林に沿って続いています。

こちらは、1972年にラリー・パッカードが設計したものです。
距離は7000ヤードにも及びます。
9つあるパー4のうち、実に7ホールが400ヤードを超えています。
しかもその多くがドッグレッグしているために、的確な方向に長打する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ