歴史と伝統のノーザントラストオープンについて

ノーザン・トラスト・オープンは米PGAツアーのトーナメントの1つです。
開催日程は、毎年2月となります。
開催場所については、カリフォルニア州ロサンゼルス郊外に位置する、リビエラ・カントリークラブです。
ノーザン・トラスト・オープンは1926年に始まった大会であり、当初の会場はロサンゼルスCCでありました。

当時の名称についてもロサンゼルスオープンとなっていました。
そのフォ、グレン・キャンベル・ロサンゼルスオープンを経て、1987年以降は日産自動車がスポンサーとなりました。

その後、ニッサン・ロサンゼルス・オープン、ニッサン・オープンと名称を変え、アマチュア時代のタイガー・ウッズも出場したことがあります。
そして2008年からは金融サービス会社ノーザン・トラストがスポンサーとなり、現在に至っています。

会場であるリビエラCCについては設立が1926年であり、80年を超える歴史をもつという、伝統を持ったクラブです。

1900年前後における、米国のゴルフ場の建設ラッシュの際に建設されたクラブであり、リビエラCCも開場当事は破格の予算で建てられ話題になりました。

南欧風のクラブハウスは、現在でも威厳のある佇まいを有しています。

当クラブのPGA開場としての歴史を振り返ってみますと、全米オープンは1回、全米プロは2回、さらに全米シニア1回、そして現在まで続く当大会となっています。

毎年のように、多くのファンを魅了するクラブです。
カントリークラブであるために、テニスコートやバンケットルームなどといった周辺施設も充実しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ