例年大歓声のウェイストマネジメント フェニックスオープンについて

ウェイストマネジメント フェニックスオープンは、1932年にアリゾナ・オープンとしてスタートした、歴史のある大会です。
長い間フェニックス・オープンとして開催されており、現在の名称になったのは2010年となります。
ウェイストマネジメント フェニックスオープンの開催コースについてはTPCスコッツデールとなっています。

これまでの大会結果を見ていくと、次代を担う若手の選手が優勝や活躍が目立ちます。
大会の開催日程は、1月の終わりから2月の初めです。

毎年、16番ホールでの歓声が聞かれる大会です。
大会における4日間のギャラリー総数について50万人を超えるといったように、地元では特に人気のあるトーナメントです。

16番パー3ではホール全体をスタンドが囲むような形になっており、ティーショットごとに大きな盛り上がりを見せます。

会場のTPCスコッツデールは、スタジアムコースとチャンピオンコースがあり、スタジアムコースがPGAツアーのこの大会の開催コースとなっています。
大会の目玉である16番ホールの他にも、例えば13番パー5の左のデザートエリアなども、知名度が高いです。

トーナメントの開催を目的として造られたましたが、一般の方も利用できるため人気があります。
アリゾナのゴルフコースの多くは、いわゆるターゲットゴルフといわれるデザインです。

州の自然保存の目的としてゴルフコースを開発しているために、最小限の面積で自然を活かしたです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ