環境に左右されるファーマーズ・インシュランスオープン

ファーマーズ・インシュランスオープンは、1952年から開催されている、歴史あるトーナメントです。
舞台はサンディエゴにある名門パブリックコース、トーレイパインズゴルフクラブです。
ファーマーズ・インシュランスオープンについては、10年から現在の名称で開催されています。
決勝ラウンドの舞台にはサウスコースが採用されています。

そのコースは距離が長くなっており、例年、いわゆる飛ばし屋が有利に試合を展開し、大逆転劇を演じることも少なくありません。

会場であるトーレイパインズゴルフクラブの特徴について見ていくと、こちらは、2008 US オープンにて、タイガーウッズがプレイオフの死闘の末、大会を制したゴルフ場として知られています。

最寄りの空港を降りた瞬間から、車で20分ほどのクラブまで、独特の雰囲気をもつ街と自然が広がります。
アメリカ西海岸における最南端に位置する都市にありながら、乾燥地帯となっており、意外と快適な気候です。

当クラブはサンディエゴ市が運営している、複数のゴルフコースを有する公共のパブリックコースとなります。
タイガー・ウッズの活躍により、サウスコースの知名度が高くなっています。

周辺の気候は変わりやすいところがあり、大会時に急な雷雨などが起こることもしばしばです。

環境やコンディションの影響を受けて、優勝スコアが大きく変化することもあり、かつてはわずか5オーバーでの優勝などもあったくらいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ