PGA公式の日本シニアオープンゴルフ選手権競技

日本シニアオープンゴルフ選手権競技は日本ゴルフ協会主催による、PGAシニアツアー公式戦です。
開催地および開催舞台は毎年変わり、いわゆる「サーキット方式」を採用しています。
日本シニアオープンゴルフ選手権競技の賞金総額は8000万円、優勝賞金は1600万円です。

大会の模様はテレビ中継され、主催である日本放送協会NHKが中継しています。
2012年の開催場所は東名古屋カントリークラブでした。

こちらはなだらかな丘や起伏生かした、距離が長く難しい36ホールとなります。
西コースについては周りが山裾となっており、フェアウェイにはうねりがあるといった印象です。

丘陵の線を造形に取り入れているためであり、印象とは違って、実際にラウンドしてみるとフラットなコースであることがわかります。

一方、東コースの地形は起伏に富んでおり、打ち下ろしやドッグレッグ、さらには池越えなどが存在し、OBも比較的近くなっており、グリーンにはアンジュレーションがあります。

メジャーなトーナメントは西コースでの開催となります。
その他の開催場所としては、例えば2013年度の大会では麻生飯塚ゴルフ倶楽部となっています。

こちらは丘陵コースであり、ゆるやかな起伏を有し、フェアウェイは広く距離が長いです大会の開催されるグリーンコースについては、ブルーコースより起伏に富んでおり、トリッキーなホールも有しています。

ドッグレッグが多いほか、曲がり角には池や林などが存在し、カットしにくい作りです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ