ISPS五月晴れのシニアマスターズと大自然コース

ISPS五月晴れのシニアマスターズは、一般社団法人国際スポーツ振興協会、略称ISPSが主催する大会です。
ISPSは、スポーツ事業・社会福祉活動・国際協力活動を行うことで、スポーツの振興・社会福祉の支援、さらには国際親善に寄与することを目的とした団体です。
事業としてはスポーツに関するイベントの企画・運営、主催、後援などです。

ISPS五月晴れのシニアマスターズは5月末から6月初頭に2日間の日程で行われます。
ISPS五月晴れのシニアマスターズの開催場所は、北海道ブルックスカントリークラブで、こちらは旧苫小牧カントリー倶楽部ブルックスコースです。

過去3年に渡って、連続でトーナメントを開催したコースとなっています。
当大会の他には、北海道オープンゴルフ選手権のほか、札幌オープンゴルフ、2012年北海道アマ決勝、皇潤クラシックシニアトーナメントなどです。

コースは丘陵コースとなっており、アウトは大きな針葉樹の中にあり、自然の地形をいかしたうねりが特徴で、全体として、OBラインも近くなっており、戦略性の高いホールが多く、具体的な特徴を見ていくと、例えば8番ではフェアウェイが傾斜しており、スライスに注意、また9番はバンカーが無い一方、第3打が湿原越えとなっています。

インについては林間・丘陵のアウトとは雰囲気が異なります。

視界が開けており、湿原の中にコースが連なっているので、フェアウェイは余裕がありますが、大きくブレた際にはボールが湿原に消えてしまうことがあるので正確なショットが求められるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ