日本メジャー大会の特徴と日本女子オープンゴルフ選手権競技

日本女子オープンゴルフ選手権競技は毎年10月に開催される日本の女子プロゴルフメジャー大会の1つとなっています。
日本女子オープンゴルフ選手権はまた、日本ゴルフ協会主催競技となっており、優勝選手には5年間の無条件シード権が与えられます。
日本女子オープンゴルフ選手権の歴史は、TBS女子オープンとして1968年にスタートしました。

それ以来、日本のトッププロおよびトップアマチュアが出場する大会となり、日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯と並んで、日本のゴルフ界におけるビッグイベントに成長しました。

当大会はまた、2005年度において宮里藍が大会最年少初優勝を飾ったことでも知られています。
当大会のツアー内容はまた、出場者のレベルが高く、年によっては海外メジャー大会とほぼ同様のレベルになることもあるほどです。

とりわけ、2012年においては、海外メジャー大会の優勝者が全員出場したことに加え、当時の世界ランキングの上位7人が出場していました。
その結果、大会史上最高レベルの大会になりました。

大会の開催は相模原ゴルフクラブ・東コースとなっています。
相模原市のほぼ中央にあり、開場から約60年の歴史をもつ、日本有数の名門クラブとなっています。

東コースについては、フラットでフェアウェイが広く、かつ距離が長いといった特徴があります。

特に12番ホールはパー5と長めになっています。
他にも、コース内には数万もの大木が連なっており、難易度を高めています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ