歴史あるmeijiカップ女子ゴルフトーナメント

meijiカップは北海道唯一の女子ゴルフトーナメントとして、札幌国際カントリークラブで開催される女子ゴルフトーナメントです。
その歴史は古く、1978年に北海道女子オープンとして開催されて以来、35年の歴史を誇る大会です。
2006年より明治製菓株式会社の特別協賛でトーナメント名を「明治チョコレートカップ」とし、現在も開催されているコース、札幌国際カントリークラブ島松コースに会場を移し大会を開催してきました。

2011年からは明治グループの特別協賛となり、大会名を現在と同じ「meijiカップ」に変更し、現在に至ります。
大会は8月に実施され、優勝賞金1,620万円、賞金総額9,000万円の大型トーナメントです。

全日程3日間、2日間の予選を行い50位タイまでが3日目の決勝に駒を進める事ができます。

北海道文化放送、北海道新聞、道新スポーツの主催で行われ、特別協賛が明治グループ、一般社団法人日本女子プロゴルフ協会の公認トーナメントです。

優勝副賞として明治製品10年分という特別協賛の明治グループらしい賞品があります。
またホールインワン賞も200万円が明治グループより提供されています。

このmeijiカップは北海道唯一の女子プロゴルフトーナメントという事もあり、地域密着型、社会貢献型のトーナメントとなっています。

約400人のボランティアさんの協力で「親子観戦ツアー」や「中学生ボランティア体験」、明治製品や地元の食材をふんだんに使った飲食ブースなど、北海道ならでは、明治グループならではの仕掛けがたくさんあるトーナメントです。

3日間のギャラリー数は約10,000人とたくさんの人が集まる大会なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ