ヤマハレディースオープン葛城は毎回盛り上がりを見せてくれるトーナメント

ヤマハレディースオープン葛城は、ヤマハ株式会社とヤマハ発動機株式会社の主催で行われる女子プロゴルフトーナメントです。
株式会社ヤマハリゾートの協力を得て、日本ゴルフ協会を始め、地域の団体や多数の企業の後援を行っています。
賞金総額は1億円、優勝賞金は千8百万円で、プロ・アマ合わせて約120名が出場します。

前売り券の販売は4枚綴りで5千円、当日券もあります。
チケットは地域のゴルフ場やヤマハトラベルサービスで購入でき、インターネットでの購入も可能です。

観戦客がよりトーナメントを楽しめるよう、試合と合わせてさまざまなイベントが行われています。

会場は葛城ゴルフ倶楽部山名コースですが、第1回目のトーナメントとは1985年に行われ、当時は同ゴルフ場の宇刈コースで行われることもありました。

第8回目までは宇刈コースと山名コースを交互に選んで開催されていましたが、第9回目から山名コースに絞られて開催されています。
ちなみに2012年は東日本大震災の影響で中止となりました。

葛城ゴルフ倶楽部山名コースはゆるい傾斜の中に設計されており、宇刈コースとそれぞれ特徴を持たせてレイアウトされています。
山名コースはドッグレッグや絶妙な池の配置が特徴で、好スコアを狙うなら慎重に、ワンショットを丁寧に打つことが望ましいでしょう。

どちらのコースも戦略性に富んだコースですので、それぞれのホールをしっかりと見極めて。

当コースでプレーした経験者はみなコースに大変満足しており、設計した井上氏の腕の素晴らしさを体感できると評判です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ