カシオワールドオープンゴルフトーナメントは由緒ある大会

カシオワールドオープンゴルフトーナメントは、カシオ計算機株式会社、黒潮観光開発株式会社、株式会社テレビ高知が主催するゴルフトーナメントです。
日本ゴルフ協会や高知県観光コンベンション協会、南国市などが後援しており、高知市や土佐くろしお鉄道などの企業も協力しています。
賞金総額は2億円、優勝賞金は4千万円と高めの賞金設定で、全国から100名以上の優秀なゴルファーが集います。

本トーナメント出場にはいくつかの条件を満たす必要があり、2008年以後のツアートーナメントで1位を獲得した者、1973年ツアー制施行後に25勝以上した者などさまざまな条件があります。

会場はkochi黒潮カントリークラブで開催されますが、1981年の第1回から2004年の第24回までは、いぶすきゴルフクラブ開聞コースで開催されていました。

2005年の第25回から現在の会場で開催されています。
そのkochi黒潮カントリークラブは、暖かい高知にあることから一年中プレーを楽しむことができる、ゴルフ好きにはうれしいゴルフ場。

丘陵コースで太平洋を臨みながらのびのびとプレーできますが、池などの障害物が絶妙な位置に配置されているほか、距離を必要とするホールもあり、油断は禁物です。思いきり打ちたいという方におすすめ。

kochi黒潮カントリークラブでプレーした人の間では、南国気分で楽しく回れると評判が高く、キャディーの質にも定評があります。

本トーナメントが行われているということもあり、こちらでプレーする感動を味わえるというだけでも、ゴルフ好きにはたまらないのだとか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ