ダンロップフェニックストーナメントについて

ダンロップフェニックストーナメントは、住友ゴム工業とフェニックスリゾート、毎日放送が主催するゴルフトーナメント。
宮崎市や日本ゴルフ協会といった数多くの企業や団体が後援し、賞金総額は2億円、優勝賞金は4千万円とかなり高額な賞金設定でも話題の大会です。
1回は1974年に開催され、今日までの間に日本はもちろん、世界各国の有名ゴルファーがたくさん活躍したトーナメントでもあります。

出場選手はその年によって変化がありますが、90名前後の参加が多いようです。
会場となっているフェニックスカントリークラブは、美しい海を眺めながらプレーできるシーサイドコース。

日向灘に面し、各ホールが松林で仕切られています。
バンカーは少なめですが松の木が障害物となり、戦略性の高いコース設計となっています。

日本のコースの中でもトップ3に入るといわれるコースなだけあり、気持よくプレーできるのはもちろん、何度回っても飽きない構成が魅力のひとつといえるでしょう。

フェニックスカントリークラブでプレー経験のあるゴルファーから熱い支持を受けているこちらのコースは、難しいながらも満足度が高く、また何度でも訪れたいと評判です。

フラットだからと思って甘く見ていると、ゆるやかな傾斜に飲み込まれてボールがどんどん滑っていってしまいますので、安定感のあるショットが求められます。

キャディーの質が高いことでも定評があり、キャディーのアドバイスを聞きながらプレーを満喫したいという方にはとてもおすすめできるゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ