林間コースによる自然あふれるコースの特徴

林間コースとは、ゴルフコースにおいて平野や扇状地などに広がる林を切り抜いて作られたコースのことです。
その特徴としては、山の中に作られた山岳ホールや丘陵ホールなどと異なり、コース上のアップダウンの凹凸があまり目立ちません。
これによって、攻略に高低差の概念がなくなるので、比較的攻めやすい傾向があり、そのため、初心者などがプレーしやすい環境とも言えます。

平らな平野や扇状地などに作られていることから、作られているエリアが多く存在しており、身近なゴルフホールとして気軽に行くことが可能です。

山岳ホールや丘陵ホールの場合はコースが山に作られているので、どうしても山があるエリアに限定されてしまいます。

しかし山であればどこでも作られているわけでもないので、初心者などが手軽にゴルフを楽しむには林間コースの方が身近にあることになります。

ゴルフ場が開いているゴルフスクールなどでも利用されており、初心者がプレーを行いやすく、基本を身につけることが可能なので、林間コースを所有しているゴルフ場ではレッスンなどが行われています。

これによって、基本を身につけたゴルファーは高低差を気にすることがないプレーを行うことが可能なので、ここでゴルフに対して慣れを身につけて、山間部の山岳ホールや丘陵ホールを攻めることになります。

高低差のある土地でのゴルフになるので、新たなる発見と共に戦略やスイングの行い方など、今までにはなかったゴルフを楽しむことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ