準優勝者を示すランナーズアップの由来とは

ランナーズアップとは準優勝者の事であり、競技を通して最終スコアを表示した際に、2位の選手の事を指す言葉になります。
ゴルフではポイントターニーと呼ばれるスコア算出方法が使われており、全18ホールの成績を基に順位が決定します。
そのため、判明するのは全18ホールを終えて成績を発表した時であり、プレー中に2位の成績だったとしてもこの呼ばれ方は行われません。

この呼ばれ方を行う理由としては、本来では勝ち抜き戦など2人で戦うマッチプレーの際に、2人で競技を通して争うことになるので、勝者と敗者に分かれてしまいます。

その際に敗者を示す言葉として使われていたので、決勝で負けた人の意味を含めてランナーズアップと呼ばれています。

ゴルフの場合には大人数で競技を通して競うことになるので、2位の準優勝者を示す言葉として使われており、2位にはランナーズアップの前にファーストが付けられ、3位にはセカンドが付けられることで、複数の優勝者以外の対戦相手がいる場合にはこのような呼ばれ方が行われています。

元々は英語圏で使われている言葉なので、日本ではあまり馴染みのないものであり、ゴルフでしか聞くことがないものになります。

また、準優勝者が特別な呼び名で呼ばれていることも日本にはない文化なので、ゴルフで初めて聞く人も多く、違和感を感じてしまいます。

ゴルフの専門用語などは英語圏で生まれたものが多いので、英語圏では準優勝者であってもこのように特別な呼ばれ方が行われているわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ