ランナーアップと讃えられる準優勝者の名称

ゴルフにおいてランナーアップとは、準優勝者を指す言葉であり、コンペなどが終了した際には、優勝者とともに準優勝者として讃えられる言葉で使われています。
本来の意味では敗者を意味しており、マッチプレーなどでは2人が勝者、敗者を決めるために競っているので、勝者になれなかった者としての意味合いがあります。

そのため、勝者に敗れた者、優勝できなかった者として英語圏ではゴルフ以外でも使われていますが、日本ではゴルフで使われる言葉として、2位の選手を指す目的で使われています。

ゴルフというゲームは全18ホールをどれだけ少ない打数でホールに入れられるのかを競うゲームであり、これによってマッチプレー以外にも複数でプレーを行うことが可能です。

このことから、順位を付ける場合には3位や4位なども生まれ、ランナーアップという言葉に2位であればファースト、3位であればセカンドといった具合に、2位の選手以外でも使われる言葉になります。

また、ブービーなど最下位、もしくは最下位から2番目の競技者を指す言葉なども存在しており、元々が英語圏でのスポーツとなるので、日本では馴染みのないランクの呼ばれ方があります。

なお、ブービー賞の場合は最下位、最下位から2番目のスコアを出した人に贈られる賞であり、本来ではジョークの込められた商品などが贈られるものですが、日本では弱者にチャンスを与えるという意味で、豪華賞品が贈られる場合があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ