USLPGAと略される全米女子プロゴルフ協会の役割

USLPGAとは、全米女子プロゴルフ協会の略称を指します。
略称としてはLPGAになりますが、日本女子プロゴルフ協会もLPGAと略されていることから、アメリカを指すUSを頭に付けることでUSLPGAと呼ばれています。
主にアメリカにおける女子プロゴルフ団体であり、アメリカ最古の女子プロスポーツ団体として1950年に設立されました。

主な活動としては大会を開催することで、登録しているプロ選手がその大会に出場することで、様々なメディアやファンなどの注目が集まります。

そのため、賞金額なども総額5,630万ドルという高額な賞金を出しており、LPGAツアーと呼ばれる1月から11月まで様々な大会を全世界で開催を行うことにより、各地のゴルフファンが訪れたり、女子プロ選手なども賞金を獲得するために参加を行っています。

アメリカで活動が行われている団体になりますが、アメリカ以外からの選手も登録されており、大会に参加しています。

また、日本人にも馴染みのある選手などが大会に参加しているので、ニュースなどのメディアにも主催している大会が取り上げられることがあります。

事業内容としては上記のようなゴルフ大会の開催がメインになっていますが、登録されている女子プロゴルファーの指導や、指導者の資格を与えることやゴルフに関する技術、ルールやマナーに関する調査などを行っており、ゴルフの健全性を主張するための活動が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ