マレット型パターによるパッティングの的確なコントロール

ゴルフクラブの種類にはパターと呼ばれるものがあり、これはボールがグリーンに乗った際にカップインを目指すために、的確なコントロールを必要としている場面で使われるクラブの一種です。
パターは大きく2種類に分類されており、ピン型パターとマレット型パターになります。

大きな違いとしてはヘッドのデザインであり、ピン型はヘッドがスクエアなデザインになっており、力配分なども手首で調整を行うことが可能になるので、思い通りのショットを描く際に使われています。

特に上級者やプロなどが使っているモデルであり、一昔前まではパッティングを行う際に多くの人が利用していました。

マレット型はピン型とは異なり、フェイスと呼ばれるボールと接触する部分の反対側が膨れ上がったデザインが施されているモデルです。

カマボコのような形をしていることから、かまぼこ型とも呼ばれており、ピン型と比較してもクラブヘッドの金属部分が大きいことから、スイングを行った際に金属の重量移動により直進性が増します。

パッティングにおいては的確なコントロールを行えるため、初心者やショートパットが苦手な人が使っているモデルになります。

このような違いがあるので、マレット型は比較的に初心者向けといえるモデルであり、プロの選手の中にはショートパットが苦手な人などもいるので、そのような人たちが利用する場面も今では珍しくありません。

プロの中にはピン型で入れてこそ一流と考えている選手もいるので、毛嫌いされている存在でもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ