マークをゴルフボールに記入する行為の意味と目的

マークとは記号や印の事であり、ゴルフにおいてはボールにマーキングを行うことを指します。
これはゴルフが1ホールを複数のプレイヤーで利用するスポーツであるため、コースに落ちているボールが誰の物なのかを示す必要があるからです。
一般的にはマジックなどで自分のマークを記入しますが、それは人によって名前であったり、記号や印であったりとさまざまなパターンがあります。

プロの選手でもボールにマークを入れることを行っており、有名選手の場合には印刷所などで自分の印を印刷したボールを使う傾向があります。
これは日本人のプレイヤーが始めたことであり、それ以前の海外のゴルフプレイヤーなどは、マジックでマーキングを行っていました。

1990年代以降は、海外の有名プレイヤーなども予め印刷所で自分の印を印刷したモデルを利用しており、自分を示す記号から名前、線などが刻まれています。

このようなボールはプロ選手のモデルとして一般販売されており、ファンやプレイヤーなどが自分のボールとして利用することもあるようです。

プロ選手の中にはアマチュア時代にマジックでマーキングを行っていたことから、プロに転身しても印刷所で印刷を行ったボールを使用せずに、集中力を高めるためにマジックで線をプレー前に書くなど、人それぞれ独自のマーキングを行っています。

基本的には自分の物だと示す印を描く行為ですが、人によっては集中力を高めるための行為でもあり、ゴルフプレイヤーそれぞれに意味があるものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ