マーキングをゴルフボールに行うことの必要性

ゴルフを行う際に、ボールにマーキングを入れる必要があります。
これは複数人でプレーを行った場合に、コース中に落ちているボールが誰のものなのかを分かるようにするため、自分のボールだと分かるようにマジックなどでマーキングを行うことです。
個人でのプレーの場合には、マジックを使ってボールに名前やイラスト、記号などを書いたりしますが、印刷会社などに発注を行うことで、きちんとしたフォントで名前を入れたり、カラーのイラストを入れたりすることが可能です。

プロの選手なども専用の印刷が行われたマーキングを利用しており、これは日本が最初に行ったものです。
これにより、今では海外のプロ選手なども印刷されたボールを使って、自分のモデルだと示しているわけです。

ボールは球体になるので、マジックなどでイラストや記号を記入する場合には線がズレてしまったり、フニャフニャの線になってしまったりと、安定して書くことは難しいです。

そのため、専用のプレートなども登場しており、プレートに線や星、矢印などのイラストが掘ってあるので、これを利用することで安定した記号などを記入することが可能なのです。

また、毎回イラストや記号を書くのが面倒な人のためにスタンプなども登場しており、スタンプであれば、直接押すことで自分の印を入れることが可能です。

こうして、ゴルフボールを自分の物だと示し、プレー中などでのトラブルを事前に防ぐことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ