ボールマークを入れることで、自分のボールだと示すことができる

ボールマークとは、自分のボールだと示すために印を入れることです。
ゴルフは複数人でプレーするスポーツになるので、同じ場所にボールが飛んでいった場合に、誰の物なのかが分からなくなり、誤打を行ってしまう場合があります。
これを防ぐためにアマチュアでもプロの選手でも自分の印を入れています。

プロの選手の場合には、スポーツメーカーなどが特別に選手のマークを印刷したモデルが渡されることがありますが、個人でゴルフを行う場合には、マジックなどでボールに記号を入れたり、名前を書いたりして自分の物だと示す必要があります。

最近ではボールマークを入れるアクセサリーなども登場しており、マーキングスタンプを使えば、簡単にマーキングを行うことが可能であり、ゴルフボール専用のマーキングプレートなども登場しているので、単に丸印や線だけではなく星や矢印などの複雑な記号を書くことも可能です。

また、印刷会社などに発注することで、自分専用のマークやイラストなどをボールに印刷することもでき、ゴルフに夢中になっている人ほど専用の印刷を使ったマーキングを行っています。

これにより、複数人でプレーを行ったときにコース中で同じ場所に落ちても自分の物だと理解することができますし、他人の物を誤打する危険性なども低くなるので、トラブルを事前に解消し、気持ちよくゴルフをプレーするためには必要な要素になります。

このようなマナーを守ることも大切なものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ