少数派だが利点は多い、意外と使えるベースボール・グリップ

ベースボール・グリップとは、クラブを野球のバットのように持つことです。
テンフィンガーグリップとも呼ばれていて、ゴルフの教則などを見ると、最初に覚える持ち方ではないのですが、これはれっきとしたグリップの一つなのです。
そしてベースボール・グリップの特徴としては、力がない女性やお年寄りに向いているということが言えます。

また、使えないグリップではなく、意外と利点も多いことから、このやり方に変更したとしてスコアアップが可能になるかもしれないものなのです。

具体的にはクラブを両手で握ることになるので、左右どちらで主導しても振りやすいということが言えます。

さらに、普通は小指を絡めたりするゴルフの独特のグリップですが、これは普通に持つ感覚で使えるので違和感は少なく、初心者にとってはこちらの方がしっくりきます。

そして両手を使って打つということで、力も上手く使えて飛距離が出るという結果も出ています。

今の主流であるオーバーラッピングやインターロッキングとは違って、がっちり固定する感覚がないので、クラブと手の一体感が薄いと言うことが欠点ですが、これも慣れてしまえばそうでもないです。

実際にこの持ち方で活躍したプロ選手もいることから、決して上達できない持ち方ではありません。

ただし、参考となる人があまりいないことから、手本があまりありません。
少数派のグリップですが、しっくりくるならば試しに持ち替えてみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ