芝が削れてしまったベアグラウンドからのショットのコツ

ベアグラウンドとは、芝生が削れて地面がむき出しになってしまった状態の場所のことです。
アプローチの距離でよくベアグラウンドに乗ってしまうことがあり、その中からショットをするということは比較的難しくもあります。
こういった場所からアプローチをするためには、多くのコツがあります。

まずクラブのコントロールが大切になるので、いつもより短くクラブを持って、手首の角度を変えないようにしてショットを打ちやすくします。
そして、ボールの位置を右足よりにしてダフリを起こしてしまう失敗を低くします。

また、クラブを選ぶときはロフトが立っているものを選ぶようにすれば、スイートスポットへヒットする確率は高くなります。
ただし転がすようなアプローチになってしまうので、高さがいるときにはそれに応じたクラブにするようにしてください。

もしもハザードが間にないのならば、遠慮なく転がすイメージで打っていって構いません。
ただし、芝の状況も先に読んでおかなければなりません。

ただし、ベアグラウンドと言っても状況はさまざまで、ぬかるんでいる泥のような場所に落ちてしまったら、そのままアプローチを続けるのか、それとも脱出をするのかの判断をしなければなりません。

転がすアプローチをするのならば、どんな状況でもある程度可能になりますが、障害物があるときには作戦を練ってください。

地面が固いときは芝と同じと考えてどんどんアプローチをしていっても、それほど問題はないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ