フックとは違う、ボールがまっすぐ左に飛ぶ現象プル

プルとは、ターゲットより左に飛んでしまうボールのことです。
フックのように考えられていますが、厳密には違いがあります。
フックはボールが左に曲がってしまうことを言うのですが、プルのときは曲がるのではなくまっすぐ左に飛んでいくことになります。
その原因はアウトサイドインのスイングになります。

フックとの違いがここにあって、フックはスイング軌道自体は非常にストレートでフェイスが閉じてしまっているということです。
フェイスが左を向きながらまっすぐにボールに当たっていくという感覚です。

プルの時はこれとは違っていて、フェイスの状態は同じですがクラブの軌道はまっすぐではなく、インパクトのときはフェイスを閉じた向きに当たっていることになります。

アウトサイドインの軌道を意識して、フェイスが閉じているとこの現象が起きてしまいますので、あくまでフェイスを閉じないということが重要です。

初心者にありがちな開いてしまってスライスを恐れるあまりに閉じ気味になっているということがありますから、それを改善することが重要です。

また可能ならばアウトサイドインのスイングをできるだけスクエアに改善するということがベストなのですが、これはなかなか直りませんし、スイング自体が悪くなってしまうという事もあるので、かなり練習が必要です。

また、決まって左に出るようならば、あえて最初からターゲットをずらして設定するということもできます。

しかし、常に出るという現象ではないので、こうした修正は難しいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ