ときには心強い見方にもなる、フォローウィンド

フォローウィンドとは、追い風のことです。
単にフォローと呼ぶ事もあります。
ゴルフは自然の中でするスポーツですから、風は敵にも味方にもなります。
飛ばしたい、飛距離が欲しいときに、フォローウィンドはありがたい味方です。
ただし飛距離があまりいらないときには、風を読んで、それにあわせた飛距離を稼ぐというテクニックが必要になります。

ただし、フォローウィンドとは対照的にアゲインストというものがあり、これは向かい風のことです。
こちらは飛距離を落としてしまう効果しかないので、プレーヤーにとっては嫌なものです。

フォローの影響というものは上空に行くほど高くなりますが、これは一般的に風は高度が上がれば高く吹いているからです。
そしてこの影響を受ける要因は、ボールも関係しています。

ボールには細かなくぼみがいくつかついています。
それは風邪の抵抗をなくすためや、逆に風を利用するようにつけられているものです。

ただのデザインにしか見えない穴ですが、風を計算して、空気抵抗を抑える目的で作られています。
また、風に乗ることを予測してショットをするのですが、この予測は非常に困難です。

風の強さは上空とではまったく違うことから、思ったように狙った場所に落とすということは、特に強風が吹いているときは困難です。

ただし思い切り飛ばしたいティショットなどでは、特にハザードなどもなく飛距離を稼ぎたいならば、この強風は心強い味方になってくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ