ホールの安全確認とスムーズな進行をしてくれる、フォアキャディ

フォアキャディとは、ホールの途中にいるキャディのことです。
なぜこのような場所に人がいるかというと、見通しが利かないブラインドのコースや、前の組の状況が見えないときに、次の打球を打って良いかということが判断できないときは、この人がそれを判断してくれます。
また旗などを振って知らせてくれるので、もしも打ってはいけないというときがあったのならば、絶対に打たないようにしてください。

これはマナー以前に安全に関わる問題ですから、気をつけましょう。
また、自分では確認できないボールの行方を追ってくれる役目もあります。

ボールの行方を見失ったらその人に従って、次の打球を確認しましょう。
そしてそれだけでなく、OBやハザードなども教えてくれますから、いちいち行って確認をすることはしなくていいので非常に役に立ちます。

もちろんすべてのコースにいるとは限りませんが、いた場合は必ず指示に従うようにしてください。
また、そのときはカートの進行に連動している信号機などが知らせてくれることもあります。

安全のためには、必ず指示があるまでは打たないようにしてください。
さらに、フォアキャディはルール上は局外者として扱われます。

もしもボールが当たったときは、そのボールが止まった位置からプレーをする必要があります。
さらに、もしもフォアキャディの判断が間違ってい場合は、責任はプレーヤーがとることになっています。

ですから、二人でしっかりと確認をしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ