ゴルフコースのフェアウエイは、同じように見えても難易度が違う

フェアウエイはゴルフコースの要素の一つで、短く刈り込まれた芝で構成されています。
基本的にはティからここに飛ばして最終的にはグリーンへと乗せるということが基本です。
ゴルフでは、最も安全とされている場所です。
初心者向けのゴルフコースなどでは、特にフェアウェイの広さをアピールしています。

これがワイドならば、多少ボールを曲げて打ったとしてもラフに入ってしまうことはなく、次打を打つのも非常に楽になるでしょう。
また、いかにしてここをキープしながらグリーンへ運ぶかということが重要とされています。

ただし、絶対に安全な場所かと言うとそうではなく、コースにはアンジュレーションが設定されているところもあります。

アンジュレーションとはうねりのことで、一見平坦に見えるコースであっても、このアンジュレーションがあることによって、格段に難易度が跳ね上がります。

たとえフェアウェイにボールが行ったとしても、常に安定したショットができるとは限らないからです。

例えばちょっとでも傾斜あるのならば、スタンスは安定することができず、ボールはきれいに芝が刈り込まれた場所にあるにも関わらず、ショットの難易度は跳ね上がります。

基本的にはティから狙っていく場所なのですが、ここに乗ればどこでも良いというわけにはいかないコースもあり、その際は戦略が大切になります。

同じ場所であっても、条件がいつも一定とは限らないのがゴルフの醍醐味なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ