フィニッシュの形で自分のスイングをチェックすることができる

スイングしたあとの最後の動作が、フィニッシュです。
終わりの形なんて何でも良いとよく思われていますが、インパクトしたあとのフィニッシュの形は非常に重要な意味を持っています。
なぜなら正しいフィニッシュの形に持っていくことができれば、それまでのスイングも非常にスムーズになるからです。
最終的な形を目標としてそれ以前の動作が分かりやすくなって、やりやすくなるということです。

ポイントとしては、左右の太ももがくっつくようになっていることです。
これは体がきちんと回転をしているときに現われる形で、スイングをしてもくっつかない人は上手く上体の回転が使えてないという証拠です。

さらに左足は地面に付いたままになっているか、これができていればスイング中に体が起き上がってしまうということがなくなります。
そして右足は浮いている上体が理想で、体重は左足にかかっています。

そしてそれがバランスよく立つことができれば、正しい終わり方をしていると言っていいでしょう。

特にスイングを終わったあとの静止した姿勢ですから、インパクト時の姿勢のチェックよりも格段に簡単で、いつでもできます。

自分が一度スイングしたあとに、上記のポイントがどうなっているかを確認してください。
もしも違っていたら、こうなることを目標に振ってみることで、フォーム自体の矯正も可能です。

終わりの形は何でも良いというわけでではなく、正しいスイングのためには絶対に必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ