ミスショットの一つファットショットは、ダフリが原因

ファットショットとはダフリをしてしまったり、ダフリ気味のショットのことです。
ダフリを起こしてしまったらボールは当然飛ぶはずもなく、ぼてぼてと落ちてしまいます。つまりミスショットの一つです。
これを防ぐには、ダフリの対策をしなくてはなりませんが、ダフリは地面を削ってしまうことによって起きます。

つまりクラブヘッドが必要以上に下がってしまうから、こういった現象が出るのです。
クラブヘッドのトゥダウンによって引っかかってしまうという事もありますが、根本的にはアドレス時とインパクトのときの軌道の違いです。

基本的にはアドレスでセッティングした意図と、インパクトのときは同じになるはずなのですが、それが違うということは腕や体の使い方が間違っているということになります。

また、アッパーなスイングを意識するあまりに、スイングの軌道が低くなってしまって地面を削ってしまうということも考えられます。
正しいスイングをすることによってこのダフリは防ぐことができますから、意識してください。

何よりもこれを起こしてしまうとゴルフ場の地面を削ってしまい、後続のプレーヤーやこれからプレーする人、さらにはゴルフ場にも迷惑がかかってしまいます。

さらにクラブも傷めてしまうので、改善は早い方が良いでしょう。

ファットショットが多い人は、特に一番にこれを改善することが先決です。
アドレス時とインパクト時のヘッドの位置に気をつけて、スイングしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ