ミスショットを量産してしまう、ヒールボールへの様々な対処

ヒールボールとは、クラブヘットのヒール側にボールが当たってしまう現象です。
特にこういった当たり方をすると、ボールは力なくフックをしていくことになってしまいます。
さらに、シャフトにまで当たってしまったら、実にミスショットです。
この原因はいろいろと考えられますが、最初はアドレスのときのボールのセッティングです。

どうしてもボールに当たってしまうということがあったら、ボールをやや離して置くということが第一の解決策です。

そして、フェイスがかぶりすぎてしまっているということも考えられます。
初心者の人は開きやすくて、意識的に閉じようとして妙な方向でフェイスに当たっているという可能性もあります。

まずはフェイスをターゲットに向けて水平にして、それを意識して当てるようにしましょう。
そしてドライバーならば、解決策というよりもヘッドの曲面が大きなクラブを使って、ギア効果で改善させておくという方法があります。

バルジと言われるドライバーなどの曲面はギア効果が強く働き、多少のスイートスポットからのずれは矯正してくれます。
もちろんこれはヒールに当たってしまう癖が直ったということではないのですが、ドライバーショットでのミスをすぐに減らせる効果でもあるのです。

根本的な解決にはなりませんが、こういったクラブを使って対処することも可能です。

ただし、本格的に直そうと思うならば、スイングの乱れを直すということになり、時間がかかるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ