一瞬のインパクトではなく、前後を指すヒッティングエリア

ヒッティングエリアとは特定の地帯のことを指すのではなく、インパクトの瞬間の前後のことです。
エリアとついているので場所と勘違いしている人もいるかもしれませんが、正確には動作の場所を表しています。
そのため、インパクトゾーンやインパクトエリアなどとも呼ばれていることがあり、これらは同じことを指しています。

具体的には、インパクト自体は一瞬ですが、それに向かってクラブがダウンスイングをして、ボールに当たる瞬間の少し前からインパクトをしたあとのほんの少しの間のことです。

この言葉が使われるときは、インパクトの瞬間前後のクラブの動きを示すときに使います。
スイングスタイルではなく、ヒッティングエリアという言葉が使われるのは、このときのヘッドの動きが重要になってくるからです。

たとえ正しいスイングをしても芯が捉えられないときには、ヒッティングエリアの見直しが重要になってきます。

この瞬間にだけ手首を返してしまってはいないか、ボールへの侵入角度が適切かなど、このゾーンだけでも見直すことは多く、それを改善することで全体的にスイングの改善にも繋がります。

もちろんテイクバックやフォロースルーは重要ですが、ゴルフはボールを打って飛ばす競技ですから、極論を言ってしまえば、このときが一番大切な瞬間なのです。

インパクトのみだと一瞬になってしまうことから、使われるという事もあります。
その際は、ほぼ同義の意味だと覚えておいてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ