あるがままでのプレーが要求されるゴルフの特例、ピックアップ

ピックアップとはゴルフボールを拾い上げることです。
ただし、ゴルフはあるがままの状態でのプレーを推奨しているので、ティをおいた瞬間からカップインまで手で触ることはあまりありません、つまり、ピックアップすることは特例であり、下手にやってしまったら、それはペナルティに繋がってしまいます。
まずしなければならない状態というのは、そのボールが自分のものか分からないときに確認をするパターンです。

深い茂みの中に打ってしまって、それを見つけたときに近くにボールが複数あったというケースもよくあります。
その場合の確認のために拾い上げることは許されています。

明らかに自分のだと分かるときにはしてはなりません。
二つ目は救済措置をするときです。

絶対に打てない状態などのボールは動かすしかないということで、相応のペナルティを受けて救済することになります。
三つ目の可能性として、同伴の競技者に対して自分のボールが邪魔になってしまうときです。

そういうときはマーカーで自分の位置を記憶しておいて、動かすことが可能です。
これはグリーンなどではよく見られる行動です。

また、ストロークプレーではないのですが、マッチプレーならばギブアップをしたときにピックアップをするということは可能です。

ストロークプレーであってもギブアップが設定されていれば、そのスコアに達したときにボールを拾い上げることはできますが、スコアによってはルール違反になってしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ