ミスショットをカバーするギア効果を強めるバルジー

バルジーとは、ウッドやユーティリティーなどのクラブヘッドの正面についている曲線のことです。
バルジと呼ばれている事もあります。
これらのクラブヘッドは、インパクトの面が局面になっていて、それはギア効果の影響を大きくするためのものです。
こういったものがどれだけつけられているかで、クラブの性能も変わってくる、クラブ選びの基準となるものです。

バルジーが強ければ、ギア効果によって間違った場所でインパクトをしたとしても、ボールが比較的まっすぐ飛ぶことになります。

トゥ側で打ったとしても、左方向の回転がかかることによってスライスを防ぎ、逆にシャフト側で打ったとしても右回転の力が乗ってフックを防いでくれます。

ミスショットに強いということが言えますから、スイートスポットで捉えることができずまっすぐに打てないという人にとっては、非常にありがたい効果です。

ただし、プロではそれほどこういったミスショットは少ないので、あまりバルジーが強すぎても狙った位置に行くことができなくなってしまい、デメリットになってしまいます。

なかなかまっすぐ打つことができないという人は、これが強いモデルを選んでも良いですし、こういったものに頼りたくないと言う人は、少ないものを選ぶことができるのです。

自分の腕に合わせて強度を選択して、比較的まっすぐ飛びやすいものを選ぶ方が良いでしょう。
もちろん、初心者は強いモデルを選べば間違いはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ