単純な動きに見えるが、スイングの基礎が詰まったハーフショット

ハーフショットは、通常のスイングの半分の力で打つショットのことで、動作的にも小さくなります。
ただし、動作が小さいからと言って簡単に打てるということではなく、これをきちんと打てるようになることができれば、ゴルフのスイングの基本が身に付くとも言われている重要なものです。
具体的にハーフショットを達成する方法としては、球は真ん中に置いてスタンスをとります。

バックスイングは狙った場所を後方にまっすぐに引くようにします。

そのままストレートにターゲットまでボールを運ぶイメージです。
そして、引く長さとしては20センチくらいでいいでしょう。

そのときはフェイスの向きを変えないようにすることが重要です。
まっすぐにターゲットにフェイスを向けるようにすることを意識してください。

この時、手首を使わないように注意してください。
手首を使ってしまったら、フェイスが向きを変えてしまうことから、ターゲットとボールの飛ぶ方向がずれてしまいます。

狙った位置にボールが上手く飛ばないということは、これが原因です。
常に狙った場所にボールがまっすぐ飛ぶまで練習が必要です。

また、腕だけで振ってしまうとスイングの基本が身に付かないので、必ず上半身をひねって、ターンをして打つようにしなければなりません。

ハーフショットとはいえ、実際のスイングを小さくして基礎が詰め込まれていますから、これを正確にできるようになれば、普通のショットの正確性も上がります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ