規定打数マイナス2打でグリーンに乗せる、パーオン

テレビや雑誌などでゴルフの試合の詳細を見ていると、パーオンという言葉がよく飛び出します。
これはグリーンにボールが乗ったときに使われる言葉で、もしも規定打数が3打のホールならば1打で、5打のホールならば3打で乗せたときこう呼ばれます。
つまり、規定打数から2を引いた打数でオンしたときが、これに当たります。

なぜマイナス2打かというと、 パッティングで寄せられるという基本ができれば、おそらくパーをとる確率が高いからです。
少なくともパーがとれる状態でオンをしたということで、これをするとかなりの好成績を残すことができます。

パッティングが一打で済むのならばそれはバーディーにもなることから、バーディーチャンスとも言われることがあります。

ただし、あまりにもカップから遠い位置につけてしまって、一打で入れることは無理なときには、あまりバーディーチャンスと呼ばれることはありません。

ただし、パーオンということはどの状態でも言うことができるので、便利な言葉です。
そして、これは規定打数からマイナス2で乗ったときですから、マイナス1のときにいくらピンそばに寄せたとしても使うことはありません。

稀に使っている人もいますが、本来的にはこういった使い方はしません。

また、プロゴルファーの成績にはこれをどれくらい達成したかと言う割合もあるくらい、ゴルフの個人成績を見るためには、データとして重要なものとして蓄積されているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ