ゴルフの基本理念を忠実に守ったプレーなら、ノータッチ

ゴルフはあるがままの状態でのプレーが推奨されていますが、ノータッチはその理念を代表する言葉です。
ノータッチのプレートコンペで行われたのならば、ボールはティに置いた瞬間から触ることができなくなり、カップインまで打った状態が維持されていくことになります。
これは当たり前のように感じますが、実際にはノータッチではないプレーというものも存在します。
それが6インチ・プレースと言われるものです。

これは6インチ・プレースとは相反する考えになっていて、絶対に救済をしなければ打つことができない状態ではなくても、6インチならば動かすことが可能です。

例えば、前の人がスイングするときにできたディボットと言われる削れた場所に運悪くボールが入ってしまったら、本来は動かしては行けませんが、6インチ・プレースならその範囲内でボールを置き直すことができます。

つまり、ボールに触っても良いことになのです。
ただし、これはコンペの規定で決まっていて、6インチ・プレースならばそれはやってはならず、その状態から打つしかありません。

どちらをとるかはコンペの性質にもよりますが、動かすことによって円滑にプレーができるということならば、これを推奨している大会もあります。
もちろん公式のトーナメントではありえません。

プライベートで楽しむ際に、後続に迷惑をかけない円滑なプレーという意味合いもあるからです。

コンペ出場の際は、どういう扱いになっているかは、確認するようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ