初心者が陥りやすい、過剰なニーアクションは飛距離を落とす

ニーアクションとは、スイングのときのひざの動きのことで、これは意識をしていなくても、アマチュアゴルファーは勝手にしているものです。
バックスイングのときは右に、そしてダウンスイングのときは左にと移動しています。
このこと自体はそれほど悪いことではなく、体重移動をするのならばある程度は動かなければ良くはないでしょう。

ただし必要以上に使ってしまうと正しい軸での回転ができなくなってしまうので、ミスショットの原因や、飛距離が伸びない原因にもなってしまうのです。
特に切り返しのときにニーアクションが大きくなってしまうことがあり、これをしてしまうと、かなりのパワーのロスになってしまいます。

しかし、いままでひざを使っていたのに突然使わないように意識をしてしまうと、スイング自体も崩れてしまうということがあります。

それに適度なひざの使い方は体への負担をかけない方法にもなっているので、まったく使わなくなるというのも問題があるでしょう。

そこで練習の一つとして、足と足の間にクッションを挟み、その状態でスイングをするというものがあります。
これならば過剰に使ってしまうことはなく、さらにクッションですからまったく使わないということはありません。

このレベルでの使用ならばそれほど違和感はなく、体に負担をかけてしまうことも少ないでしょう。

さらにクラブを振るためには体の回転が必要になってきますので、正しいスイングの練習にもなるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ