国の威信をかけて、プロとアマが争うナショナルオープン

ナショナルオープンとは、その国最高峰のトーナメントを指します。
アメリカのナショナルオープンや日本やイギリスなど各国に一つありますが、これには条件があって、プロゴルファーとアマチュアゴルファーの双方が義務づけられています。
また、この大会には国の名前がつく事もあって、その国の威信をかけて開催されるという側面も持っているのです。

一般的に伝統的なコースが使われることになっていて、昔から多くのプレー経験があるベテランが有利と言われています。
このように経験が必要と言われているナショナルオープンですが、近年は若手の台頭もあって目が離せない展開になっています。

若手とベテランの対決という構図もこのトーナメントの魅力ですが、アマチュアゴルファーも参加できるということがあって、そのあたりにも注目が集まります。

また、大会としての品位は非常に高く格式があるので、各国から有名な選手が集まるので注目度はかなり高く、トップ選手が一堂に揃った大会を見たいという人は、注目すべきトーナメントです。

ただし、トッププロたちがナショナルオープンに集中してしまうために、この近辺で開催される他の大会においては、出場選手が小粒になってしまうというデメリットもあります。

そのため、近くに開催される大会は規模が大きいほどその存在意義が奪われてしまうという傾向があるのです。

また、大会自体の質も下がってしまうために、どうしてもこの時期開催の大会は敬遠されがちです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ